おすすめ商品

おすすめ商品

ここでは、国家試験対策として活用できる商品を紹介していきます。超メジャーな商品が中心ですが、是非一度観覧して国家試験対策に備えて下さい。

 

目次

閉じる

2020年 徹底攻略! 国家試験過去問題集 あん摩マッサージ指圧師用

 

「あん摩マッサージ指圧師」の国家試験に臨むうえで、知らない人はいないというくらい有名な書籍です。

 

過去10年分の問題が解説されているので、これを解くことで出題されやすい問題の傾向なども把握できると思います。

 

まさに、「あん摩マッサージ指圧師」の国家試験を受ける人の必読書と言えます。

 

 

 

2020年 徹底攻略! 国家試験過去問題集 はり師きゅう師用

 

国家試験に臨むうえで、知らない人はいないというくらい有名な書籍です。

 

過去10年分の問題が解説されているので、これを解くことで出題されやすい問題の傾向なども把握できると思います。

 

まさに、あん摩マッサージ指圧師の国家試験を受ける人の必読書と言えます。

 

 

 

ウエマツ総研 「超生理学」「超解剖学」 +過去問

 

ウエマツ総研「超生理学」「超解剖学」は、分厚い解剖学・生理学の本が「ペラペラな薄い本」にギュッと凝縮されたモノになります。

 

各単元が見開き1ページに端的に纏められており情報の生理に役立ちます。

 

※1年生の時には大変お世話になりました。

 

これらの書籍はアマゾン・楽天では取り扱ってはおらず、以下のサイトから直接購入する必要があります。

 

http://www.ue-labo.jp/

 

上記サイトには、国家試験の過去問も販売しています。

 

前述した「徹底攻略シリーズ」との違いは以下の通り。

  • 第一回から全ての過去問を網羅
  • 解剖・生理・臨床医学各論のみ販売
  • 問題と回答のみで解説は無し(購入者はパスワード入力でオンライン解説を観覧することは可能)
  • 値段は各1200円

 

興味がある方はチェックしてみて下さい。

 

 

よく出るテーマ50 解剖・生理・病理学

 

国家試験の問題は、年々難しくなっていたり、傾向が少しずつ変化していたりもするようです。

 

※内容が変化するのは、国の施策であったり、科学の進歩を反映した結果であったりもします。

 

なので、過去問を解くのであれば、最近の過去問から解くことをおすすめします。

 

過去問を解きたい方は以下をぜひ活用してみてください。

 

 

 

一方で、解剖・生理学など(あまり情報が変更されない、普遍的な内容)もあり、これらを学ぶのであれば、ある程度古い教科書でも勉強に活用できる場合があります。

 

以下の2冊は、いずれも2012年に出版されたもので、情報としては古いかもしれませんが、(過去問以外の)問題を解きながら記憶を定着させていくという意味では活用できるのではないかと思います。

 

 

 

 

インパクトシリーズ

 

もはや、国試対策をするレベルの人には必要はないかもしれませんが、分かり易さを重視した書籍として「インパクトシリーズ」も紹介しておきます。

 

特に、鍼灸・あん摩マッサージ関連として『経絡インパクト』くらいは持っておくと、楽しく復習できて良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

国試黒本/鍼灸あん摩マッサージ指圧師編 上巻+下巻

 

国家試験の勉強を開始する3年生になるなると多くの人が手に取って勉強するといわれている影の実力者です!

 

国試黒本/鍼灸あん摩マッサージ指圧師編』は以下から構成されています。

 

国試黒本/鍼灸あん摩マッサージ指圧師編・上巻(税別2400円)

解剖学、生理学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、臨床医学総論、関係法規

国試黒本/鍼灸あん摩マッサージ指圧師編・下巻(税別2400円)

臨床医学各論、リハビリテーション医学、医療概論、東洋医学概論、東洋医学臨床論、はりきゅう理論、あマ指理論、経絡経穴概論

 

これらの書籍はアマゾン・楽天では取り扱ってはおらず、以下のサイトから直接購入する必要があります。

 

http://www.aquamoon.info/product/

 

 

国試黒本は、前述したように「国家試験が迫ってきてから存在を知る書籍」だと記載しましたが、これは学生1年目からもっていると役立つと思います。

 

っというのも、国試黒本の内容は「鍼灸あん摩マッサージ指圧に関して、重要なポイントを網羅してくれている書籍」になるので、普通に学校の試験対策にもなります。

 

学生時代は(特に1年目は)情報量が多すぎて「何が重要で、何が重要ではないのか(重要ではないといってしまうと語弊がありますが、覚える優先度が低いか)」も分からず、専門用語に圧倒されてパニックになってしまう人も多いのではとお思います。

 

ですが、この書籍を持っていると(国試対策と言う名目で)鍼灸あん摩マッサージ指圧における重要なポイントを網羅してくれているので、絶対役に立つと思います。

 

ちなみに書籍は、2013年に1版が出版されて、現在(2019年)は第6版(2018年6月に改訂)にまでアップデートされています。

 

このサイトに関しては「簡単な国試過去問挑戦」や「国家試験を受けるにあたってのお役立ち情報(国試黒本の使い方、入試当日に関するアレコレなど)」が掲載されているので、是非一度サイトを観覧してみてください。

http://www.aquamoon.info/product/order.html

 

ちなみに、このサイトには「鍼灸あん摩マッサージ指圧師の養成校一覧」も掲載されているのですが、この一覧表については誤りが多くある(鍼灸のみの学校なのに、あん摩マッサージ指圧も学べるような表記が、非常に多い)ので、学校を探している人で、あん摩マッサージを学びたい(あるいは鍼灸・あん摩マッサージ指圧を学びたい)と思っている人は注意してください。

 

以下の記事では、一部ではありますが鍼灸・あん摩マッサージ指圧が学べる学校の一覧表を、授業料や簡単な特徴も含めてまとめているので、鍼灸・あん摩マッサージ指圧の学校を探している人は参考にしてみてください。

 

 

書籍も有効活用しながら、何としても国家試験を合格しましょう!!