• ホーム
  • 未分類
  • 活性酸素とは?有害性を解説!(抗酸化食品も合わせて紹介)

活性酸素とは?有害性を解説!(抗酸化食品も合わせて紹介)

未分類

人間が加齢とともに身体機能や肌が衰えていくのは仕方のない事です。

 

ですが、老化の速度をコントロールすることは可能なのかもしれません。

 

例えば食生活に配慮すること。

 

食生活で配慮するポイントは色々ですが、今回はその中で「活性酸素の賛成を抑制する効果のある“抗酸化食材”」について解説していきます。

 

体の酸化を防止して、アンチエイジングを目指しましょう!

 

 

活性酸素とは

 

アンチエイジングに良い食べ物(抗酸化食材)を紹介していく前に、活性酸素を解説しておきます。

 

皆さん「活性酸素」っという言葉を聞いたことがありますか?

 

健康志向の強い人なら、一度は聞いたことがあるかもです。

 

この活性酸素は、数ある「老化の原因」の一つと言われており、リンゴを例に紹介されることが多いです。

 

まずは、「リンゴを切って1日くらい放置した状態」をイメージしてください。

 

切った表面が茶色くなっていると思います。

 

でもって、この「茶色」が「活性酸素によって酸化した状態」に該当します。

 

私達は酸素を利用することで生きています。

 

ですが、それは同時に活性酸素を生み出すことにもつながります。

 

(酸素を取り込みながら)生きている以上、活性酸素をゼロにすることは出来ません。

 

出来ませんが、ライフスタイルによって「過剰になること」もあれば「抑制されること」もあるのです。

 

でもって活性酸素の過剰生産が、私たちの細胞を酸化(サビつき)させてしまうと言われています。

 

 

活性酸素と肌のハリ・ツヤ

 

活性酸素は見えない部分でジワジワと体を蝕みます。

 

ですが「見えない部分の話」をしても、症状として表面化してないのでピンとこない。

なのでピンときやすい「肌のハリ・ツヤ」を例に、活性酸を説明していきます。

 

実は活性酸素、肌のハリや弾力を保持するコラーゲンやエラスチンを変性させ、しわ・たるみを招く原因の一つになり得ます。

 

特に紫外線による活性酸素の影響は、シワ・たるみを引き起こす大きな要因と考えられてる。

 

肌に紫外線が当たることによって強力か活性酸素が大量発生し、その活性酸素が肌を老化させ、シミを作っているのです。

 

いかがでしょうか?

 

何となく、活性酸素の怖さがが理解出来てきたのではないでしょうか?

 

 

抗酸化作用のある食物

 

それでは、この記事の本題である「身体の酸化を防ぐ(=抗酸化作用のある)食物」を列挙していきたいと思います。

 

バランスの良い食生活に、合わせて摂取することをオススメします。

 

トマト

健康にいい食べ物として度々メディアで得取り上げられるトマトには、カロテノイドの一種であるリコピンが豊富に含まれていることで知られています。

リコピンはビタミンEの100倍にも上る強力な抗酸化力と美白作用があるとされています。

アンチエイジングで最も話題に上る抗酸化成分には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどがありますが、トマトにはリコピンとともに、これらのビタミン類も報復に含まれています。

 

アボガド

ねっとりした触感と濃厚な味で和食洋食を問わず食べられることが多い食材には、抗酸化作用の高いビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群が豊富に含まれています。

特にビタミンEの含有量が多く1個摂取するだけで1日に必要となるビタミンE摂取量の半分近くを補うことが出来ます。

抗酸化作用だけでなく、血管に働きかけて血流改善の効果も期待できるため、肌の新陳代謝や美肌を目指す方にもお勧めです。

 

ブロッコリー

抗酸化作用の高いビタミンCやビタミンE、200種類以上にも及ぶファイトケミカルなどが含まれています。

免疫力を高めるのにも効果が期待できるとされており、インスリンの働きを助ける微量ミネラルであるクロムや鉄なども豊富です。

「野菜を1品だけ追加するなら、ブロッコリー!」ってな感じで、栄養豊富さを紹介する専門家も多いです。

 

天然のミネラルがタップリ含まれている海産物の中でも、特に鮭はアンチエイジングにオススメです。

サーモンピンクの色が鮮やかな鮭は、抗酸化作用が高いカロテノイドの一種であるアスタキサンチンが豊富に含まれています。

また、アンチエイジングや美白、免疫力の向上などにも効果が期待できるコエンザイムQ10、鉄分なども含まれています。

 

リンゴ

アンチエイジング効果がある果物の中でも抗酸化作用が高いことで知られています。

リンゴポリフェノールともいわれるプロシアニジンのほか、カテキン、クロロゲン酸、ケルセチンなどが含まれており、特にプロシアニジンの優れた抗酸化作用によって、シワや肌荒れなどの改善が期待できます。

また、食物繊維が豊富であることから腸内環境を整えて、美肌やアンチエイジングにも有効です。

 

ブルーベリー

アントシアニンの強力な抗酸化作用があることで知られており、目の健康にも良いとされています。

アントシアニン以外にもポリフェノールが含まれており、強力な活性酸素を減少させる働きがあるため、アンチエイジングにはうってつけのフルーツと言えます。

また、美肌には欠かせないビタミンAやビタミンE、βカロテンや亜鉛、カリウムなどのミネラル、食物線維も豊富です。

 

カカオ

チョコレートの原料になることで知られているカカオには優れた抗酸化作用があるカカオポリフェノールが豊富に含まれています。

チョコレートは食べ過ぎると糖分を過剰に摂取することになりますが、カカオを70~80%以上含むダークチョコレートを食べると、シワや肌の弾力の改善に効果があるとされています。

また、カカオに含まれるフラバノールには、紫外線による肌の損傷を防ぐ働きもあるとされています。

 

アーモンド

アンチエイジングに効果的な食べ物として注目されているナッツ類。

その中でもアーモンドはビタミンEの含有量が多く、脳の機能を高めるオメガ脂肪酸や糖化を抑える働きもあります。

脂質が多いので食べすぎには注意が必要ですが、アンチエイジングにはオススメ!

 

 

終わりに

 

いかがだったでしょうか?

 

いつまでも健康で若々しくありたいと思うのは皆同じです。

 

しかし、細胞が酸化したり、糖化したりすることで老化が促進されます。

 

特に細胞の酸化を促す活性酸素の働きは軽視できないため、抗酸化作用の高い食べ物を積極的に摂取して、食事でアンチエイジングすることはとても重要なことだと思います。

 

ここで紹介した食物の中には「健康に良い」と芸能人が紹介していたり、メディアで取りざたされているモノも多かったのでは?

 

この「健康に良い」っと漠然と表現されているものの中には「抗酸化作用が強い」って食物が意外と多いことも分かっていただけたのではないでしょうか?

 

栄養バランスの良い食事を心がけ、これらの食材も、ぜひ摂取してみて下さいね。

 

 

関連記事

 

ちなみに、「酸化を予防する方法」は食事だけではありません。

 

例えば先ほど紹介した「紫外線による肌の酸化(シミなど)」。この酸化予防には「日焼け止めクリーム」もアリですよね。

 

関連記事⇒『スキンケアで高額商品は不要。コレだけでOK。(美意識高い男性必見)

 

あるいは、「ウォーキングは体に良い」っと言われていますが、「(一定時間の有酸素運動としての)ランニング」は活性酸素を多く作りすぎるというデメリットもある訳です(もちろん体力向上などのメリットもありますが)。

 

ストレスの貯め込み、喫煙、暴飲暴食、夜更かしなども、活性酸素の産生を助長します。

 

「抗酸化物質食べてるからアンチエイジングはOK」ではなく、「規則正しい生活」も含めた他の対策と合わせることが重要です。

関連記事
テキストのコピーはできません。