MMTの検査手順(肢位別に解説)

専門用語(マッサージ関連)

この記事ではMMT(manual muscle testing徒手筋力検査)について肢位別に記載していく。

 

この記事を観覧すれば、以下について理解することが出来る。

  • このMMTは、どの肢位で実施するのか(国試対策で使える知識)。
  • 効率よく同じ肢位で可能なMMTを効率よく実施したい場合(卒後の臨床で使える知識)

 

なおMMTの肢位は「抗重力位で可能な5・4・3のテスト肢位」になる。

※この肢位が基本肢位であり臨床上でも重要となる。

 

目次

閉じる

座位

 

「座位でのMMT」としては以下が挙げられる。

 

関節 運動 主動作筋
肩甲骨 外転と上方回旋 前鋸筋
挙上 僧帽筋(上部線維)・肩甲挙筋
肩関節 屈曲 三角筋(前部線維)・烏口腕筋
肩甲骨面挙上 三角筋(前・中部線維)・棘上筋
外転 三角筋(中部線維)・棘上筋
肘関節 屈曲 上腕二頭筋・上腕筋・腕橈骨筋
前腕 回外 回外筋・上腕二頭筋
回内 円回内筋・方形回内筋
手関節 掌屈 橈側手根屈筋・尺側手根屈筋
背屈 長橈側手根伸筋・短橈側手根伸筋・尺側手根伸筋
手指

MP屈曲

虫様筋・背側骨間筋・掌側骨間筋
PIP屈曲 浅指屈筋
DIP屈曲 深指屈筋
MP伸展 指伸筋・示指伸筋・小指伸筋
外転 背側骨間筋・小指外転筋
内転 掌側骨間筋
母指 MP屈曲 短母指屈筋
IP屈曲 長母指屈筋
MP伸展 短母指伸筋
IP伸展 長母指伸筋
橈側外転 長母指外転筋
掌側外転 短母指外転筋
内転 母指内転筋
対立運動 母指対立筋・小指対立筋
股関節 屈曲 大腰筋・腸骨筋
屈曲ー外転ー外旋 縫工筋
外旋 外閉鎖筋・内閉鎖筋・上双子筋・下双子筋・大腿方形筋・梨状筋・大殿筋
内旋 小殿筋・中殿筋・大腿筋膜張筋
膝関節 伸展

大腿四頭筋

(大腿直筋・内側広筋・外側広筋・中間広筋)

足関節 背屈ー内返し 前脛骨筋
内返し 後脛骨筋
底屈または背屈を伴う内返し 長腓骨筋・短腓骨筋
足趾 MP屈曲 虫様筋
PIP屈曲 短趾屈筋
DIP屈曲 長趾屈筋
MP伸展 長趾屈筋・短趾屈筋
母趾 MP屈曲 短母趾屈筋
IP屈曲 長母指屈筋
IP伸展 長母指伸筋

 

背臥位(仰臥位)

 

「背臥位(仰臥位)でのMMT」としては以下が挙げられる。

 

関節 運動 主動作筋
頭部屈曲 屈曲 前頭直筋・外側頭直筋・頭長筋
頸部 屈曲 頸長筋・前斜角筋・胸鎖乳突筋
回旋 大後頭直筋・下頭斜筋・頭最長筋・頭板状筋・頭半棘筋・頸半棘筋・頸板状筋・頭長筋・前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋・胸鎖乳突筋・頸回旋筋・僧帽筋・肩甲挙筋・頸長筋
体幹 屈曲 腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋
回旋 腰方形筋・外腹斜筋・内腹斜筋
骨盤 挙上 腰方形筋・外腹斜筋・内腹斜筋
肩関節 水平内転 大胸筋

 

 

腹臥位(伏臥位)

 

「伏臥位(伏臥位)でのMMT」としては以下が挙げられる。

 

関節 運動 主動作筋
股関節 外転 中殿筋・小殿筋
屈曲位からの外転 大腿筋膜張筋
内転 大内転筋・短内転筋・長内転筋・恥骨筋・薄筋

 

側臥位

 

「側臥位でのMMT」としては以下が挙げられる。

 

関節 運動 主動作筋
頭部 伸展 大後頭直筋・小後頭直筋・下頭斜筋・頭板状筋・頭最長筋・頭半棘筋・上頭斜筋・僧帽筋・頭棘筋
頸部 伸展 頸最長筋・頸半棘筋・頸腸肋筋・頸板状筋・僧帽筋・頸棘筋
体幹 伸展 胸腸肋筋・胸最長筋・胸棘筋・胸半棘筋・胸棘間筋・腰方形筋・胸回旋筋・多裂筋・腰回旋筋・腰腸肋筋・腰棘間筋・胸および腰横突間筋
肩甲骨 内転 僧帽筋(中部線維)・大菱形筋
下制と内転 僧帽筋(下部線維)
内転と下方回旋 大菱形筋・小菱形筋
肩関節 伸展 広背筋・三角筋(後部線維)・大円筋
水平外転 三角筋(後部線維)
外旋 棘下筋・小円筋
内旋 肩甲下筋・大胸筋・広背筋・大円筋
肘関節 伸展 上腕三頭筋
股関節 伸展 大殿筋・半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋
膝関節 屈曲 半膜様筋・半腱様筋・大腿二頭筋

 

 

立位

 

「立位でのMMT」は以下のみである。

 

関節 運動 主動作筋
足関節 底屈 腓腹筋・ヒラメ筋

 

 

徒手筋力テスト(MMT)とは

 

最後に、MMTについての詳細を記載して終わりにする。

 

MMTとは

MMTとは「末梢性麻痺の評価」などで活用するテストで、「筋力の表示法を6段階で表示する」という特徴がある。

 

判定基準

判定評価基準は以下の通り。

  • 5:N(Nomal)100%正常⇒高度(最大)の抵抗に抗してテスト肢位を保持できる
  • 4:G(Good)     75%良 ⇒中等度の抵抗に抗してテスト肢位を保持できる
  • 3:F(Fair)      50%可 ⇒抵抗を加えなければ重力に抗して正常可動域いっぱいに動く
  • 2:P(Poor)       25%可 ⇒重力を取り除いた状態で、関節運動が可能である
  • 1:(Trace)     10%不可⇒MMT1では筋収縮はみられるが、関節運動は起こらない
  • 0:(Zero)      0%   ゼロ⇒MMT0では筋収縮が全く認められない(視診・触診で確認
この記事における「MMTの肢位」は5~3を実施する際の肢位を記載している。

 

ポイント

  • MMT3は「重力に抗して全可動域を動かせること」が条件となる。
  • 測定筋群に応じて患者の姿勢・肢位を適切に選ぶ必要がある。
  • 筋緊張の状態を把握しながら関節の動きを評価するため「視診・触診」の能力を必要とする。

 

例外

MMT5・4における「等尺性収縮を加える肢位」は最終可動域である場合がほとんどだが、一部に例外がある。

具体的には以下など。

  • 肩関節屈曲・肩甲骨面挙上・外転(90°可動させた状態で測定)
  • 膝関節屈曲(45°屈曲位で測定)

 

また、足関節底屈のMMTは「片足立位でのつま先立ちが1回以上できればMMT3・10回以上出来ればMMT4・20回以上できればMMT5」と判定される。

 

 

関連記事

 

以下の記事は骨格筋を一覧にしている。

骨格筋の起始・停止・神経支配・作用について整理したい人は、ぜひ合わせて観覧してみて欲しい。

 

⇒『【まとめ一覧】体幹・上肢・下肢 の骨格筋 (起始・停止・作用・支配神経)

関連記事
テキストのコピーはできません。