神闕(しんけつ:CV8)

経路・経穴

この記事では、「任脈」の経穴である『神闕(しんけつ:CV8)』について解説している。

 

『神闕(しんけつ)』の概要

 

『神闕』の概要は以下になる。

 

部位

上腹部

臍の中央

 

取り方

臍の中央に取る。

中庭から神闕までの長さを8寸とする。

 

 

解剖

肋間神経(前皮枝)

浅腹壁動脈・下腹壁動脈・上腹壁動脈

 

補足

神闕と同じ高さには以下の経穴が並ぶ。

  • 肓兪(神闕から外方5分)
  • 天枢(神闕から外方2寸)
  • 大横(神闕から外方4寸)
  • 帯脈(神闕から外方6寸)

 

関連記事

 

以下は、『任脈』の一覧が掲載された記事になる。

『神闕』以外にも様々な経穴があるので、ぜひチェックしてみてほしい。

 

 

 

以下は、全ての経絡を一覧にした記事になる。

経絡の全体像を把握したり、各経穴へアクセスするには最適の記事となっているの、興味がある方は観覧してみてほしい。

 

関連記事
テキストのコピーはできません。