膝陽関(ひざようかん:GB33)

経路・経穴

この記事では、「足の少陽胆経」の経穴である『膝陽関(ひざようかん:GB33)』について解説している。

※膝陽関は以前、足陽関とも呼ばれていた。

 

目次

閉じる

『膝陽関(ひざようかん)』の概要

 

『膝陽関』の概要は以下になる。

 

部位

膝外側

大腿二頭筋腱と腸脛靭帯の間の陥凹部

大腿骨外側上顆の後上縁

 

取り方

中瀆から腸脛靭帯後縁に沿って下がると大腿骨外側上顆に触れ、その後上縁に取る。

 

解剖

腸脛靭帯・大腿二頭筋長頭腱(脛骨神経)・大腿二頭筋短頭腱(総腓骨神経)

外側大腿皮神経

外側上膝動脈

 

補足

 

 

『膝陽関』を動画でチェック

 

以下は、お灸で有名な「せんねん灸」のが提供している『膝陽関』の動画となる。「部位・取り方」の参考にしてみてほしい。

 

 

他の経穴との比較

 

以下は、下腿~足部における外側の経穴をまとめたイラストとなる。

関連記事

 

以下は、『足の少陽胆経』の一覧が掲載された記事になる。

『膝陽関』以外にも様々な経穴があるので、ぜひチェックしてみてほしい。

 

 

 

以下は、全ての経絡を一覧にした記事になる。

経絡の全体像を把握したり、各経穴へアクセスするには最適の記事となっているの、興味がある方は観覧してみてほしい。

 

関連記事
テキストのコピーはできません。