【国試に頻出】「五臓六腑」と「官職名」まとめ

専門用語(国試関連)
【国試に頻出】「五臓六腑」と「官職名」まとめ

五臓・六腑は、各々が人体において異なった働きをしている。

 

この点に関して、昔の人は「当時の政府の官職名に例えて説明している。

※例えば、心は「主君の官」、肝は「将軍の官」など。

 

官職も臓腑も「各々が異なった役割を持ちながらも、協調して働いている」という意味で共通しているのだが、今回は五臓六腑がどんな官職名で呼ばれていたかを紹介していく。

 

五臓(六蔵)

 

五臓 心包
呼称 将軍の官 君主の官 倉廩の官 相博の官 作用の官 臣使の官

 

※上記は、五臓に心包を加えて「六蔵」を記載している。

 

  • 肝⇒将軍の官(しょうぐんのかん)
  • 心⇒君主の官(くんしゅのかん)
  • 脾⇒倉廩の官(そうりんのかん)
  • 肺⇒相博の官(そうふのかん)
  • 腎⇒作用の官(さようのかん)
  • 心包⇒臣使の官(しんしのかん)

 

 

五臓六腑には別名があり、具体的には以下になる。

  • 心 は君主の官=神明ここに出ず
  • 肺 は相傅の官=治節ここに出ず
  • 肝 は将軍の官=謀慮ここに出ず
  • 胆 は正中の官=決断ここに出ず
  • 膻中は臣使の官=喜楽ここに出ず
  • 脾胃は倉廩の官=五味ここに出ず
  • 大腸は伝導の官=変化ここに出ず
  • 小腸は受盛の官=化物ここに出ず
  • 腎 は作強の官=伎巧ここに出ず
  • 三焦は決瀆の官=水道ここに出ず
  • 膀胱は州都の官=津液ここに蔵さる

 

君主の官(くんしゅのかん)=神明ここに出ず

君主は、現在でいうところの天皇

 

相傅の官(そうふのかん)=治節ここに出ず

傅は扶(ふ)と同義。扶養の「扶」であり、扶ける(たすける)という意味がある。

 

将軍の官(しょうぐんのかん)=謀慮(ぼうりょ)ここに出ず

 

正中の官(せいちゅうのかん)=決断ここに出ず

胆は体の正中にあるので公正中立、役職としては裁判官。

胆は精神活動とのかかわりが深く、胆がしっかりしていると決断が出来る。

 

膻中

臣使の官(きょしのかん) =喜楽ここに出ず

膻中は心包のことを指す。

心包は「心を守る」というイメージから、役職は家来・守衛。

 

脾胃

倉廩の官(そうりんのかん)=五味ここに出ず

倉廩は倉庫を意味する。

 

大腸

伝導の官(でんどうのかん)=変化ここに出ず

伝導は「上から下へ流す」という意味がある。

役職は「衛生面を管理する人」。

 

小腸

受盛の官(じゅせいのかん)=化物ここに出ず

受盛は、飲食物の残り物を受け取ること。

役職は「予算を分配する役人」。

 

作強の官(さきょうのかん)=伎巧(ぎこう)ここに出ず

伎巧と技巧と同義。

作強は、根気強いこと。

役職は「防衛省」。

 

三焦

決瀆の官(けっとくのかん)=水道ここに出ず

「決=通じる」「瀆=水道・下水道」の意味。

 

膀胱

州都の官(しゅうとのかん)=津液ここに蔵さる

州都は、沢山集めること。

六腑

 

六腑 小腸 大腸 膀胱 三焦
呼称 中正の官 受盛の官 倉廩の官 伝導の官 州都の官 決瀆の官

 

  • 胆⇒中正の官(ちゅうせいのかん)
  • 小腸⇒受盛の官(じゅせいのかん)
  • 胃⇒倉廩の官(そうりんのかん)
  • 大腸⇒伝導の官(でんどうのかん)
  • 膀胱⇒州都の官(しゅうとのかん)
  • 三焦⇒決瀆の官(けっとく)

 

 

まとめ

 

五臓 心包
呼称 将軍の官 君主の官 倉廩の官 相博の官 作用の官 臣使の官
六腑 小腸 大腸 膀胱 三焦
呼称 中正の官 受盛の官 倉廩の官 伝導の官 州都の官 決瀆の官

 

関連記事
テキストのコピーはできません。