天鼎(てんてい:LI17)

経路・経穴

この記事では、「手の陽明大腸経」の経穴である『天鼎(てんてい:LI17)』について解説している。

 

『天鼎(てんてい)』の概要

 

『天鼎』の概要は以下になる。

 

部位

前頚部

輪状軟骨と同じ高さ

胸鎖乳突筋の後縁

 

取り方

扶突の下方で胸鎖乳突筋の後縁に取る。
*胸鎖乳突筋をはさんで、水突(胃経)と同じ高さにある(後述)。

 

解剖

広頚筋(顔面神経頸枝)、胸鎖乳突筋(副神経・頚神経叢の枝)、前斜角筋・中斜角筋(頚神経前枝)

鎖骨上神経

上行頚動脈・鎖骨下動脈の枝

 

補足

 

頭・頸部に存在する「陽明大腸経」の経穴は以下になる。

 

前頸部・側頸部の経穴まとめ

 

前・側方の頸部に位置する経穴をまとめたイラストは以下になる。

 

軸による分類

甲状軟骨上縁の平行線

人迎扶突天窓

 

輪状軟骨の平行線

水突・天鼎

 

下顎角の垂線線

扶突・天鼎

 

下顎角の平行線

天容天牖

 

胸鎖乳突筋のライン

前縁天容人迎水突

中央扶突

後縁天窓・天鼎・天牖

経絡による分類

 

関連記事

 

以下は、『手の陽明大腸経』の一覧が掲載された記事になる。

『天鼎』以外にも様々な経穴があるので、ぜひチェックしてみてほしい。

 

 

 

以下は、全ての経絡を一覧にした記事になる。

経絡の全体像を把握したり、各経穴へアクセスするには最適の記事となっているの、興味がある方は観覧してみてほしい。

 

関連記事
テキストのコピーはできません。