手の陽明大腸経(ようめいだいちょうけい:Large Intestine Meridian)

経路・経穴

この記事では、手の陽明大腸経(ようめいだいちょうけい)について解説している。

 

手の陽明大腸経(Large Intestine Meridian)

 

「手の陽明大腸経」は、主に歯の痛み・鼻疾患・鼻血・上肢外側の痛み・喉の腫れや痛み・指の痛みなどに用いられる。

手の太明太陽経は、古くは「歯脈」と呼ばれた。

目や鼻の症状のほか、肩関節や肘の治療などにも広く使われていた。

 

 

手の陽明大腸経

 

「手の陽明大腸経」に所属する経穴は以下の通り。

※国際表記はLI。

 

  • LI1:商陽(しょうよう)
  • LI2:二間(じかん)
  • LI3:三間(さんかん)
  • LI4:合谷(ごうこく)
  • LI5:陽溪(ようけい)
  • LI6偏歴(へんれき)
  • LI7:温溜(おんる)
  • LI8:下廉(げれん)
  • LI9:上廉(じょうれん)
  • LI10:手三里(てさんり)
  • LI11:曲池(きょくち)
  • LI12:肘髎(ちゅうりょう)
  • LI13:手五里(てごり)
  • LI14:臂臑(ひじゅ)
  • LI15:肩髃(けんぐう)
  • LI16:巨骨(ここつ)⇒「きょこつ」じゃない
  • LI17:天鼎(てんてい)
  • LI18:扶突(ふとつ)
  • LI19:禾髎(かりょう)
  • LI20:迎香(げいこう)
関連記事
テキストのコピーはできません。