手の太陰肺経(たいいんはいけい:Lung Meridian)

経路・経穴

この記事では、『手の太陰肺経(たいいんはいけい)』について解説している。

 

手の太陰肺経(Lung Meridian)

 

「手の太陰肺経」は、主に呼吸器系疾患肺疾患全般に広く使われる。

上肢前面外側の痛み、上肢神経痛、手のひらのほてり、喘息、扁桃炎、咽頭炎気管支炎、息切れ、胸の熱感にも効果的。

太陰肺経の孔最は、古くから痔の治療に用いられている。

 

手の太陰肺経

 

「手の太陰肺経」に所属する経穴は以下の通り。

※国際表記はLU。

 

  • LU1:中府(ちゅうふ)
  • LU2:雲門(うんもん)
  • LU3:天府(てんぷ)
  • LU4:侠白(きょうはく)
  • LU5:尺沢(しゃくたく)
  • LU6:孔最(こうさい)
  • LU7:列欠(けつれつ)
  • LU8:経渠(けいきょ)
  • LU9:太淵(たいえん)
  • LU10:魚際(ぎょさい)
  • LU11:少商(しょうしょう)
関連記事
テキストのコピーはできません。