肩髎(けんりょう:TE14)

経路・経穴

この記事では、「手の少陽三焦経」の経穴である『肩髎(けんりょう:TE14)』について解説している。

 

『肩髎(けんりょう)』の概要

 

『肩髎』の概要は以下になる。

 

部位

肩周囲部

肩峰角と上腕骨大結節の間の陥凹部

 

取り方

肩関節を90度外転したとき、肩峰の前後に現れる2つの陥凹部のうち、後ろの陥凹部に取る。

 

臑兪(太陽小腸経)と肩髎は上記のように近い位置にあるので、位置関係に注意しよう。

 

解剖

三角筋(腋窩神経)

鎖骨上神経

後上腕回旋動脈

 

補足

肩関節外転位において、以下のように経穴を整理すると良い。

・肩峰の後方で取れるのが『肩髎』

・肩峰の前方で取れるのが『肩髃

 

関連記事

 

以下は、『手の少陽三焦経』の一覧が掲載された記事になる。

『肩髎』以外にも様々な経穴があるので、ぜひチェックしてみてほしい。

 

 

 

以下は、全ての経絡を一覧にした記事になる。

経絡の全体像を把握したり、各経穴へアクセスするには最適の記事となっているの、興味がある方は観覧してみてほしい。

 

関連記事
テキストのコピーはできません。