あん摩の基本手技とその作用

専門用語(マッサージ関連)

この記事では、あん摩手技の基礎情報(方法・種類・作用)を簡潔にまとめている。

 

あん摩手技の全体像を把握したい方は是非参考にしてみてほしい。

 

軽擦法

 

方法

適度な力と速度で施術部位ごとに、施術の初めと終わりに必ず行う手技。

 

種類

  • 手掌軽擦法
  • 指顆軽擦法
  • 四指軽擦法

 

作用

  • 知覚神経を刺激して反射を起こさせる。
  • 循環系の流通を良くして新陳代謝を良くする。

 

 

揉捏法

 

※揉捏法は、あん摩の中核をなす手技である。

 

方法

筋肉などの柔らかい組織を押し、捏ね、つまみ、絞るようにして揉む方法。

 

ザックリと説明すれば上記になるが、あん摩における「揉捏方法」には様々な意見がある。

 

種類

  • 手掌揉捏法
  • 把握揉捏法
  • 母指揉捏法
  • 四指揉捏法
  • 手指揉捏法
  • ろとう揉捏法(腹部・腰部に用いる)
  • 錐揉状(きりも)状揉捏法
  • 鋸(のこぎり)状揉捏法
  • 肘頭揉捏法

 

「ろとう揉捏」「錐揉み状揉捏」「鋸状揉捏」に共通しているのは双手揉捏法(両手を使わないと出来ない揉捏法)という点である。

 

肘頭揉捏とは(母指では十分な圧が入らない際などに)「肘を用いて行う揉捏法」を指す。

 

作用

  • 主として筋肉に作用し、筋組織の循環を良くする。
  • 組織の新陳代謝を盛んにする。
  • 腹部施行で胃腸の蠕動運動を盛んにする。

 

国試では「あん摩の作用は筋力増強効果かどうか」を問われる質問があるが、国試的には×である。

 

 

叩打法

 

方法

身体の表面を施術者の手指で打ち叩く方法

 

種類

  • 手拳叩打法
  • 切打法
  • 合掌叩打法
  • 拍打法
  • 宿気打法(含気打法・空気打法・袋打法と同義)
  • 指頭打法

 

手拳叩打法・切打法・合掌叩打法は「小指尺側で叩く」という点が共通している。

 

作用

  • 神経・筋の興奮性を高める。
  • 血行を良くし、機能を亢進させる。

 

圧迫法

 

方法

軟部組織を深部へ向かって圧迫する方法

 

種類

  • 母指圧迫法
  • 四指圧迫法
  • 手掌圧迫法(温かい手で圧迫されると気持ちが良いといったイメージ)
  • 肘頭圧迫法

 

作用

  • 機能抑制
  • 鎮痛・鎮座作用(神経痛・筋肉痛・頭痛・歯痛)。ただし炎症性なものには効果なし。

 

 

振戦

 

方法

4指を細かく振るわせて、その振動を組織に与える方法。

 

種類

  • 指頭振戦法
  • 手掌振戦法(腹部に用いる)
  • 牽引振戦法(上下肢)

 

作用

  • 神経・筋の興奮性を高める。
  • 快い感覚を覚えさせる。

 

運動法

 

方法

患者の関節を十分に弛緩させ術者がこれを動かす方法で主として他動的に行う。

 

作用

  • 関節内の血行を良くする。
  • 滑液の分泌を良くする。
  • 関節拘縮の予防。

 

曲手

 

特徴

あん摩の独自の手技で叩打法の返報である(複合手技)。

 

種類

  • 車手
  • 挫き手(くじきて)⇒母指挫き・四指挫き
  • 突き手
  • 横手(鳴骨の術、あおり手)
  • 柳手(ばら手、あら手)
  • 頭手の曲手
  • 耳鐘の曲手
  • 雷手
柳手・頭手の曲手・雷手は「頭(顔)に用いる手技」という点で共通している。

 

関連記事

 

⇒『あん摩・マッサージ・指圧の特徴・種類【一覧表】

 

⇒『あん摩マッサージ指圧の「絶対禁忌」・「相対禁忌」とは?

関連記事
テキストのコピーはできません。