足の厥陰肝経(けついんかんけい:Liver Meridian)

経路・経絡

この記事では「足の厥陰肝経(けついんかんけい)」について解説いていく。

 

足の厥陰肝経(Liver Meridian)

 

「足の厥陰肝経」は、主に下腹部の満腹感、尿障害、腰痛、頭痛、眩暈、筋の痙攣、眼の症状の治療に用いられる。

その他、喉の渇き、嘔吐、下痢、イライラ、怒りっぽいなどの症状に効果的とされている。

 

足の厥陰肝経

 

「足の厥陰肝経」に所属する経穴は以下の通り。

※国際表記はLR。

 

  • LR1:大敦(だいとん)
  • LR2:行間(こうかん)
  • LR3:太衝(たいしょう)
  • LR4:中封(ちゅうほう)
  • LR5:蠡溝(れいこう)
  • LR6:中都(ちゅうと)
  • LR7:膝関(しつかん)
  • LR8:曲泉(きょくせん)
  • LR9:陰包(いんぽう)⇔「いんほう」ではない。
  • LR10:足五里(あしごり)
  • LR11:陰廉(いんれん)
  • LR12:急脈(きゅうみゃく)
  • LR13:章門(しょうもん)
  • LR14:期門(きもん)
関連記事
テキストのコピーはできません。