督脈(とくみゃく:Governor Vessel)

経路・経絡

この記事では「督脈(とくみゃく)」について解説している。

 

督脈(Governor Vessel)

 

「督脈」は『陽脈の海』と呼ばれ、全身の陽脈の経気を調節する。

主に脊柱の痛み、精神症状、神経症状に効果的とされている。

また、患呼吸器、循環器、消化器、泌尿器、痔核、痔ろう、脱肛、生殖器系や婦人科の疾患の治療も使用される。

 

督脈

 

「督脈」に所属する経穴は以下の通り。

※国際表記はGV。

 

  • GV1: 長強(ちょうきょう)
  • GB2: 腰兪(ようゆ)
  • GB3: 腰陽関(こしようかん)
  • GB4: 命門(めいもん)
  • GB5: 懸枢(けんすう)
  • GB6: 脊中(せきちゅう)
  • GB7: 中枢(ちゅうすう)
  • GB8: 筋縮(きんしゅく)
  • GB9: 至陽(しよう)
  • GB10:霊台(れいだい)
  • GB11:神道(しんどう)
  • GB12:身柱(しんちゅう)
  • GB13:陶道(とうどう)
  • GB14:大椎(だいつい)
  • GB15:瘂門(あもん)
  • GB16:風府(ふうふ)
  • GB17:脳戸(のうこ)
  • GB18:強間(きょうかん)
  • GB19:後頂(ごちょう)
  • GB20:百会(ひゃくえ)
  • GB21:前頂(ぜんちょう)
  • GB22:顖会(しんえ)
  • GB23:上星(じょうせい)
  • GB24:神庭(しんてい)
  • GB25:素髎(そりょう)
  • GB26:水溝(すいこう)
  • GB27:兌端(だたん)
  • GB28:齦交(ぎんこう)
関連記事
テキストのコピーはできません。