• ホーム
  • 経路・経穴
  • 手の太陽小腸経(たいようしょうちょうけい:Small Intestine Meridian)

手の太陽小腸経(たいようしょうちょうけい:Small Intestine Meridian)

経路・経穴

この記事では「手の太陽小腸経(たいようしょうちょうけい)」について解説している。

 

手の太陽小腸経(Small Intestine Meridian)

 

「手の太陽小腸経」は、主に頚肩部から上肢後面内側の痛みや痺れ、頚部の腫れに効果的とされている。

その他、頚腕症候群や寝違えによる頚部の痛み、のど・あごの腫れや痛み、難聴・耳鳴りなどに使用される。

 

手の太陽小腸経

 

「手の太陽小腸経」に所属する経穴は以下の通り。

※国際表記はSI。

 

  • SI1:少沢(しょうたく)
  • SI2:前谷(ぜんこく)
  • SI3:後溪(こうけい)
  • SI4:腕骨(わんこつ)
  • SI5:陽谷(ようこく)
  • SI6:養老(ようろう)
  • SI7:支正(しせい)
  • SI8:小海(しょうかい)
  • SI9:肩貞(けんてい)
  • SI10:臑兪(じゅゆ)
  • SI11:天宗(てんそう)
  • SI12:秉風(へいふう)
  • SI13:曲垣(きょくえん)
  • SI14:肩外兪(けんがいゆ)
  • SI15:肩中兪(けんちゅうゆ)
  • SI16:天窓(てんそう)
  • SI17:天容(てんよう)
  • SI18: 顴髎(けんりょう)⇔同じ名前で「肩髎(けんりょう:TE14)」がある。
  • SI19:聴宮(ちょうきゅう)
関連記事
テキストのコピーはできません。