三陽絡(さんようらく:TE8)

経路・経穴

この記事では、「手の少陽三焦経」の経穴である『三陽絡(さんようらく:TE8)』について解説している。

 

『三陽絡(さんようらく)』の概要

 

『三陽絡』の概要は以下になる。

 

部位

前腕後面

橈骨と尺骨の骨間の中点

手関節背側横紋の上方4寸

 

取り方

陽池と肘頭とを結ぶ線を3等分し、陽池から3分の1のところに取る。

 

 

解剖

総指伸筋腱・小指伸筋腱(橈骨神経)

後前腕皮神経

後骨間動脈

 

補足

 

 

陽池 or 肘頭を基準にした経穴距離まとめ

 

以下は、「手関節背側横紋陽池)~肘頭」までに存在する『手少陽三焦経の経穴(外関支溝会宗・三陽絡・四瀆)』の部位を分かりやすく整理したものになる。

 

経絡 部位(曲池~陽渓)
外関 陽池上方2寸
支溝

陽池上方3寸

「陽池と肘頭を結ぶ線」を4等分し、陽池から1/4

会宗

陽池上方3寸

支溝から小指伸筋腱を超えたところで、尺側手根伸筋の間にとる

三陽絡

陽池上方4寸

「陽池と肘頭を結ぶ線」を3等分し、陽池から1/3

四瀆

肘頭下方5寸

「陽渓から曲池を結ぶ線」の中点の、上方1寸

 

 

関連記事

 

以下は、『手の少陽三焦経』の一覧が掲載された記事になる。

『三陽絡』以外にも様々な経穴があるので、ぜひチェックしてみてほしい。

 

 

 

以下は、全ての経絡を一覧にした記事になる。

経絡の全体像を把握したり、各経穴へアクセスするには最適の記事となっているの、興味がある方は観覧してみてほしい。

 

関連記事
テキストのコピーはできません。