ドロップアームテスト【肩関節の検査】

整形外科 - 徒手検査法(整形外科)

この記事では『ドロップアームテスト(Drop arm test)』について解説していく。

 

ドロップアームテストの方法・陽性所見・解釈

 

ドロップアームテストの方法・陽性所見・解釈は以下の通り。

 

方法

  1. 患者は座位。
  2. 検者は、患者の肩を他動的に90°外転させる。
  3. 検者は患者に「ゆっくりと手を降ろすように」と指示し、外転位にした手を離す。
  4. ※あるいは「外転90°位で保持してもらう」という方法もある。

 

陽性所見

上肢が急激に下垂してしまう(ゆっくり降ろすことが出来ない)。

※「外転90°位で保持してもらう」よう指示した場合は、保持できず落ちてしまう。

疼痛誘発だけでは陽性ではないので注意。

 

解釈

腱板(特に棘上筋腱)損傷インピンジメント症状の可能性あり。

 

肩峰下インピンジメントのテスト

 

肩峰下インピンジメントが疑われる場合は、以下なども併用し精査していく。

 

 

関連記事

 

以下は肩関節疾患ついて言及した記事となるので、合わせて観覧すると理解が深まると思う。

⇒『【疾患まとめ】肩関節疾患

 

以下の記事では、徒手整形外科的テストの一覧をまとめているので、合わせて観覧してみてほしい。

⇒『【まとめ】徒手整形外科的テストを整理しよう

関連記事
テキストのコピーはできません。