ペインフルアークサイン(有痛弧徴候)【肩関節の検査】

整形外科 - 徒手検査法(整形外科)

この記事では『ペインフルアークサイン(painful arc sign)』について解説していく。

※ペインフルアークサインは『有痛弧徴候』とも呼ばれる。

 

ペインフルアークサインの確認方法(方法・所見・解釈)

 

ペインフルアークサインの確認方法(方法・所見・解釈)は以下の通り。

 

方法

  1. 患者は立位にて、上肢は下垂位。
  2. 患者に、自動運動にて「上肢を最大限挙上させ(肩甲骨面挙上で実施)、再び下垂位に戻すように」と指示する。

 

以下はペインフルアークサインの動画となる。

 

陽性所見

上肢挙上60°~120°の間で肩峰下に「疼痛」or「疼痛を伴う引っ掛かり感」を訴える。

 

解釈

インピンジメント症状・腱板損傷・肩峰下滑液包炎症を疑う。

肩関節外転~肩甲面挙上60°~120°の間で肩峰下滑液包が挟まる。しかし、それ以外の範囲では肩峰下滑液包・大結節および腱板などは、関節運動と共に肩峰下に滑り込むため疼痛が消失する。

 

肩峰下インピンジメントのテスト

 

肩峰下インピンジメントが疑われる場合は、以下なども併用し精査していく。

 

関連記事

 

以下は肩関節疾患ついて言及した記事となるので、合わせて観覧すると理解が深まると思う。

⇒『【疾患まとめ】肩関節疾患

 

以下の記事では、徒手整形外科的テストの一覧をまとめているので、合わせて観覧してみてほしい。

⇒『【まとめ】徒手整形外科的テストを整理しよう

関連記事
テキストのコピーはできません。