ニアーテスト【肩関節の検査】

整形外科 - 徒手検査法(整形外科)

この記事では『ニアーテスト(Neer test)』について解説していく。

 

ニアーテストの方法・陽性所見・解釈

 

ニアーテストの方法・陽性所見・解釈は以下の通り。

 

方法

  1. 患者は立位 or 座位。
  2. 検者は、一側手で肩甲骨を固定する(肩甲上腕リズムが生じないよう=肩甲胸郭関節が稼働しないよう固定する)。
  3. 検者は、肩甲骨を固定したまま、反対手で肘部を把持し「肩関節内旋位にした状態で肘を上腕骨長軸方向に圧迫しながら」他動的に肩関節屈曲していく(肘関節は脱力=屈曲位させておく)。

※(肩関節内旋位にて)肘を肩方向に圧迫しながら上腕を屈曲していく。

 

以下は、上記とは若干異なるがニアーテストをざっくりと理解してもらうには良い動画と言える。

 

 

陽性所見 

肩関節痛が再現される。

 

解釈

肩峰下インピンジメント症状腱板損傷のを疑う。

ニアーテストにより大結節と腱板が(肩峰下滑液包を介して)烏口肩峰アーチに押し付けられる。

 

注意点

ニアーテストで他動的に機械的ストレスを加える前に、自動運動検査を行う。

※自動運動で強い痛みが認められる症例に対して、無理にストレスを加える必要はない。

 

また、ニアーテスト時には円背になっていないかも気を付ける必要がある。

理由は以下の通り。

円背になっていると肩甲上腕リズムが働きにくくなったり、最終域で必要な脊柱伸展・肩甲骨の後傾が引き出せないから。

 

例えば「高齢者で胸椎に構築学的弯が起きている場合」はそれだけで可動域は乏しくなる。

 

従って、テスト肢位は(運動連鎖の観点から)座位よりも立位を推奨する。

 

 

肩峰下インピンジメントのテスト

 

肩峰下インピンジメントが疑われる場合は、以下なども併用し精査していく。

 

関連記事

 

以下は肩関節疾患ついて言及した記事となるので、合わせて観覧すると理解が深まると思う。

⇒『【疾患まとめ】肩関節疾患

 

以下の記事では、徒手整形外科的テストの一覧をまとめているので、合わせて観覧してみてほしい。

⇒『【まとめ】徒手整形外科的テストを整理しよう

関連記事
テキストのコピーはできません。