マックマレーテスト【膝疾患の検査】

整形外科 - 徒手検査法(整形外科)

この記事では『マックマレーテスト(McMurray test)』について解説していく。

 

マックマレーテストの方法・陽性所見・解釈

 

マックマレーテストの方法・陽性所見・解釈は以下の通り。

 

方法

マックマレーテストは「内側半月板損傷を疑うテスト」と「外側半月板損傷を疑うテスト」で方法が異なり、具体的には以下の通り。

 

内側半月板損傷を疑うテスト:

  1. 患者は背臥位。
  2. 検者は頭側手で、患者の股関節90°屈曲位・膝関節最大屈曲位にて、膝関節裂隙に触れておく。
  3. 検者は尾側手で、下腿を外旋させる。次に、頭側手で「膝関節へ内反圧力をかけながら、膝関節を伸展させる。
内側膝関節裂隙を触れている頭側手を支点にしながら、股関節を開排させる(外転・外旋回させる)ことで内反圧力をかけるのがポイント。

 

外側半月板損傷を疑うテスト:

  1. 患者は背臥位。
  2. 検者は頭側手で、患者の股関節90°屈曲位・膝関節最大屈曲位にて、膝関節裂隙に触れておく。
  3. 検者は尾側手で、下腿を内旋させる。次に、頭側手で「膝関節へ外反圧力をかけながら、膝関節を伸展させる。
外側膝関節裂隙を触れている頭側手を支点にしながら、股関節を内股にさせる(内転・内旋させる)ことで外反圧力をかけるのがポイント。

 

マックマレーテストの動画は以下になる。

 

 

陽性所見

「膝関節の疼痛」や「クリック音」の出現。

 

解釈

内側 ・外側半月板損傷どちらの方法においても以下の解釈。

  • 膝関節最大屈曲位での陽性所見⇒後節損傷の可能性
  • 膝関節伸展中での陽性所見  ⇒中節損傷の可能性(伸展角度が浅くなるにしたがって前方側へのストレスが多く加わる)

 

マックマレーテストの感度・特異度+関連テスト

 

マックマレーテストは「感度が低く・特異度が高い」という特徴がある。

これは以下を意味する。

  • マックマレーテスト陽性⇒半月板損傷の可能性が高い(特異度が高いので)
  • マックマレーテスト陰性半月板損傷の可能性を除外することは出来ない(感度が低いので)

 

半月板損傷の検査として「アプレイテスト」もあり、合わせて観覧することをお勧めする。

関連記事⇒『アプレイ圧迫 or 牽引テスト【膝疾患の検査】

 

 

関連記事

 

以下は半月板損傷についても言及した記事となるので、合わせて観覧すると理解が深まると思う。

⇒『【疾患まとめ】膝関節の疾患

 

以下の記事では、徒手整形外科的テストの一覧をまとめているので、合わせて観覧してみてほしい。

⇒『【まとめ】徒手整形外科的テストを整理しよう

関連記事
テキストのコピーはできません。