足の太陰脾経(たいいんひけい:Spleen Meridian)

経路・経穴
足の太陰脾経(たいいんひけい:Spleen Meridian)

この記事では「足の太陰脾経(たいいんひけい)」について解説している。

 

足の太陰脾経(Spleen Meridian)

 

「足の太陰脾経」は、主に消化器系全般の疾患(胃腸障害、腹部膨満感、腹痛、嘔吐、便秘、消化不良など)、胃腸機能の低下に効果的とされている。

 

ちなみに「脾虚」とは脾の働きが弱くなった状態をと言い、食べても栄養が吸収されにくい状態を指し、「足の太陰脾経」へのアプローチが有効とされている。

 

足の太陰脾経

 

「足の太陰脾経」に所属する経穴は以下の通り。

※国際表記はSP。

 

足の太陰脾経

 

関連記事

 

以下は、全ての経絡を一覧にした記事である。

経絡の全体像を把握したり、各経穴へアクセスするには最適の記事となっている。

 

関連記事
テキストのコピーはできません。