足の太陰脾経(たいいんひけい:Spleen Meridian)

経路・経穴

この記事では「足の太陰脾経(たいいんひけい)」について解説している。

 

足の太陰脾経(Spleen Meridian)

 

「足の太陰脾経」は、主に消化器系全般の疾患(胃腸障害、腹部膨満感、腹痛、嘔吐、便秘、消化不良など)、胃腸機能の低下に効果的とされている。

 

ちなみに「脾虚」とは脾の働きが弱くなった状態をと言い、食べても栄養が吸収されにくい状態を指し、「足の太陰脾経」へのアプローチが有効とされている。

 

足の太陰脾経

 

「足の太陰脾経」に所属する経穴は以下の通り。

※国際表記はSP。

 

  • SP1:隠白(いんぱく)
  • SP2:大都(だいと)⇔間違いやすい「大敦(だいとん)」
  • SP3:太白(たいはく)
  • SP4:公孫(こうそん)
  • SP5:商丘(しょうきゅう)
  • SP6:三陰交(さんいんこう)
  • SP7:漏谷(ろうこく)
  • SP8:地機(ちき)
  • SP9:陰陵泉(いんりょうせん)
  • SP10:血海(けっかい)
  • SP11:箕門(きもん)
  • SP12:衝門(しょうもん)
  • SP13:府舎(ふしゃ)
  • SP14:腹結(ふっけつ)
  • SP15:大横(たいおう)
  • SP16:腹哀(ふくあい)
  • SP17:食竇(しょくとく)
  • SP18:天溪(てんけい)
  • SP19:胸卿(きょうきょう)
  • SP20:周栄(しゅうえい)
  • SP21:大包(だいほう)
関連記事
テキストのコピーはできません。