イートンテスト【頚部の検査】

整形外科 - 徒手検査法(整形外科)

この記事では『イートンテスト(Eaton test)』について解説していく。

 

イートンテストの方法・陽性所見・解釈

 

イートンテストの方法・陽性所見・解釈は以下になる。

 

方法

  1. 患者は座位or立位。
  2. 検者は患者の後方に位置し、一方の手を頭側部に当て、頭部を健側に側屈させる。と同時に対側手で「患側上肢を後下方へ牽引する+手関節背屈位」にする。

 

陽性所見

患側の頚部・肩・上肢に疼痛の誘発・増強を認める。

 

解釈

上肢末梢神経を伸張位にする⇒神経は絞扼・伸張に弱いため、陽性であれば神経根症状を疑う。あるいは筋・筋膜の拘縮、硬膜の癒着も考えられる。

頚椎を健側へ側屈すると黄色靭帯が緊張し、黄色靭帯(+椎間孔)を通る神経が絞扼されることがある。

イートンテストと同様に「末梢神経に絞扼・伸張刺激を加えるテスト」としてはジャクソンテストがある。

 

イートンテストは胸郭出口症候群でも陽性となる場合があるので、鑑別が必要となる。

 

 

関連記事

 

以下は頸椎疾患に言及した記事となるので、合わせて観覧すると理解が深まると思う。

⇒『【疾患まとめ】頸部疾患+頸肩腕症候群

 

以下の記事では、徒手整形外科的テストの一覧をまとめているので、合わせて観覧してみてほしい。

⇒『【まとめ】徒手整形外科的テストを整理しよう

関連記事
テキストのコピーはできません。