ジャクソンテスト【頸部の徒手検査】

整形外科 - 徒手検査法(整形外科)

この記事では『ジャクソンテスト(Jackson compresson test)』について解説していく。

 

目次

閉じる

ジャクソンテスト

 

ジャクソンテストの方法・陽性所見・解釈は以下になる

 

方法

  1. 被験者を腰掛け坐位にし、 検者は後方に立つ。
  2. 被験者の頚部を(非検査側へ)側屈して、伸展させる(伸展のみとする文献もある)。
  3. その状態で、検者は被験者の頭部に両手を置き、その手で垂直に圧迫する。

 

陽性所見

  • 非側屈側の後頭部・頚部・上肢への放散痛。
  • 痛み・異常感覚が誘発、増強すれば陽性。

 

解釈

非側屈側の神経根症状、 頚部に限局すれば頸椎障害、上肢に放散すれば腕神経根の圧迫障害

 

※スパーリングテストと一緒に実施されることが多い。

 

肩押し下げテスト(もう一つのジャクソンテスト)

 

先ほどジャクソンテストについて記載したが、じつはジャクソンテストには以下の2種類がある。

  • Head compression test
  • Shoulder depression test

 

前述したテストは上記の「Head compression test」に該当するため、も一つのShoulder depression test(肩押し下げテスト)について、ここで補足しておく。

 

一般的に「ジャクソンテスト」は「ヘッドコンプレッションテスト」を指すことが多い。また、「肩押し下げテスト」をジャクソンテストとは別なテストとして解説している教本も多い。

 

 

肩押し下げテスト( Shoulder depression test)

 

肩押し下げテストの方法・陽性所見・解釈は以下の通り。

 

方法

  1. 被験者を腰掛け坐位にし、 検者は後方に立つ。
  2. 検者は被験者の一側の肩(検査側)を、尾側へ押し下げながら、
  3. 他方の手を側頭部に当て頭部を反対側非検査側)に側屈させる。

 

陽性所見

  • 検査側の上肢に放散痛。
  • 痛み・異常感覚が誘発、増強すれば陽性。

 

解釈

  • 神経血管束に(伸張されることで)圧迫な可能性。
  • また硬膜の癒着、筋の拘縮、癒着、筋の攣縮な可能性。

 

Jackson testとは:
頚部を過伸展させ、頭部を介し圧迫する頭部圧迫テストと、頚部を健側に側屈し、患側の肩を押し下げる肩引き下げテストの2種類がある。どちらも頚椎の神経根の病変を検索するのが目的である。
理学療法学事典より引用~

 

以下は、肩押し下げテストの動画になる。

 

 

脊髄神経の支配領域

 

「頸部の神経根症状」のヒントには、以下も参考にしてみてほしい。

 

神経障害高位に一致して、上肢の筋力低下や筋萎縮、感覚障害、腱反射の減弱などの神経症状が出現する場合がある。

 

ちなみにジャクソンテスト・スパーリングテストにおける疼痛誘発の解釈としては、上記以外も含めて以下のように解釈する方が臨床に合っているので、こちらも参考にしてみてほしい。

 

症状 示唆
デルマトームに沿った放散痛 神経根症状
デルマトームに沿っていない全体的な放散痛 鉤椎(ルシュカ)関節、関節包の痛み
局所的な痛み 椎間関節の機能障害

 

 

ジャクソンテストとスパーリングテストの違い

 

ジャクソンテストとスパーリングテストの違いは以下になる。

  • ジャクソンテスト ⇒非検査側へ側屈=末梢神経を伸張させる。
  • スパーリングテスト⇒検査側へ側屈 ⇒末梢神経を圧迫させる。

 

関連記事⇒『スパーリングテスト【頸部の徒手検査】

 

 

関連記事

 

以下は変形性頚椎症についても言及した記事となるので、合わせて観覧すると理解が深まると思う。

⇒『【疾患まとめ】頸部疾患+頸肩腕症候群

 

以下の記事では、徒手整形外科的テストの一覧をまとめているので、合わせて観覧してみてほしい。

⇒『【まとめ】徒手整形外科的テストを整理しよう

関連記事
テキストのコピーはできません。