エデンテスト(気をつけテスト)【胸郭出口症候群の検査】

整形外科 - 徒手検査法(整形外科)

この記事では『エデンテスト(Eden test)』について解説していく。

※エデンテストは、テスト肢位の見た目から「気をつけテスト」と呼ばれることもある。

 

エデンテストの方法・陽性所見・解釈

 

エデンテストの方法・陽性所見・解釈は以下の通り。

 

方法

  1. 患者は座位。
  2. 検者は後方に位置し、患側の橈骨動脈を触知する。
  3. 検者は、患者に「肩を後下方へ引き下ろすように」と伝える。

 

陽性所見

患側の橈骨動脈拍動が減弱or消失する。

 

解釈

患者に「肩を後下方へ引き下ろすように」と伝えることで、肩甲帯下制→鎖骨下制が起こり、鎖骨と肋骨の間が狭まる。

従って、このテストが陽性になることで肋鎖症候群の可能性を示唆する。

 

 

胸郭出口症候群テストのリスト

 

以下は胸郭出口症候群のテストのリストとなる。

興味がある検査があればチェックしてみてほしい。

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

以下は胸郭出口症候群についても言及した記事となるので、合わせて観覧すると理解が深まると思う。

⇒『【疾患まとめ】胸郭出口症候群+上肢の絞扼神経障害

 

以下の記事では、徒手整形外科的テストの一覧をまとめているので、合わせて観覧してみてほしい。

⇒『【まとめ】徒手整形外科的テストを整理しよう

関連記事
テキストのコピーはできません。