アドソンテスト(+ハルステッドテスト)【胸郭出口症候群の検査】

整形外科 - 徒手検査法(整形外科)

この記事では『アドソンテスト(Adson test)』について解説していく。

また、リバースアドソンテスト、別名『ハルステッドテスト(Halstead test)』についても解説している。

 

アドソンテストの方法・陽性所見・解釈

 

アドソンテストの方法・陽性所見・解釈は以下の通り。

 

方法

  1. 患者は座位。
  2. 検者は後方に位置して、患側の橈骨動脈を触知。
  3. 患者に「顔を患側へ回旋・伸展した状態で、息を吸い込み止めるように」と指示する。

以下はアドソンテストの動画となる。

 

※患者肩関節を軽度外転位・最大伸展位にて実施する方法もある(文献により異なる)。

リバース アドソンテスト

アドソンテストは「頚部を患側回旋・伸展位とするテスト」である。

一方で、「頚部を健側回旋・伸展位とするテスト」はリバースアドソンテストと呼ばれる。

このテストは別名『ハルステッドテスト(Halstead test)』とも呼ばれている。

 

陽性所見

橈骨動脈が減弱or消失する。

 

解釈

斜角筋症候群である可能性を示唆。

患側への回旋と頸椎の伸展委より斜角筋が伸張sれ、斜角筋間隙が狭くなる。加えて、最大吸気を保持することで胸郭が挙上し、肋鎖骨間隙が狭くなるため、鎖骨下動脈や腕神経叢が圧迫されやすくなる。

 

ライトテストとの組み合わせ

アドソンテストとライトテストの組み合わせにより特異度が高まる。従って、胸郭出口症候群の検査として両テストを組み合わることが望ましい。

 

 

胸郭出口症候群テストのリスト

 

以下は胸郭出口症候群のテストのリストとなる。

興味がある検査があればチェックしてみてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

以下は胸郭出口症候群についても言及した記事となるので、合わせて観覧すると理解が深まると思う。

⇒『【疾患まとめ】胸郭出口症候群+上肢の絞扼神経障害

 

以下の記事では、徒手整形外科的テストの一覧をまとめているので、合わせて観覧してみてほしい。

⇒『【まとめ】徒手整形外科的テストを整理しよう

関連記事
テキストのコピーはできません。