フローマン徴候(Froment Sign)【尺骨神経麻痺の検査】

整形外科 - 徒手検査法(整形外科)

この記事では『フローメン徴候(Froment Sign)』について解説していく。

※「Froment sign」はフロメン徴候フローメン徴候フロマン徴候フロメント徴候など、色んな発音で呼ばれることがある。

 

フローマン徴候の方法・陽性所見・解釈

 

方法

患者に母指腹と示指腹で薄い紙をつまむように命じ、検査者がその紙を引っ張る。

 

所見

正常

母指内転筋(尺骨神経支配)を使って母指IP関節を曲げないでつまむことが可能である。

 

尺骨神経麻痺

長母指屈筋(正中神経支配)を使って母指IPを大きく曲げ、指先の先端部しか紙面に密着しない。

 

尺骨神経麻痺で生じる「つまみ動作」

 

尺骨神経麻痺が生じると、母指内転筋や第一背側骨間筋(示指外転に関与)の筋萎縮がみられる。

 

従って、母指(の内転運動)と示指(の外転運動)で紙をはさめなくなる。

 

そして、フローメン徴候からも分かるように、「つまみ動作」を試みると代償的に正中神経支配筋を使用して母指指節間(IP)関節を屈曲して紙をはさもうとする。

 

 

逆をいうと、この「Oリングの形」は正中神経支配筋が正常でなければ作れない。

従って、正中神経麻痺を評価する際には、この形が作れるかどうかを評価として用いることが出来るということ。

※Oリングテストと呼ばれ、以下の記事で紹介している。

 

 

その他の検査

フローマン徴候以外の「尺骨神経麻痺検査」としては以下がある。

 

関連記事

 

以下は尺骨神経麻痺についても言及した記事なので、合わせて観覧すると理解が深まると思う。

⇒『【疾患まとめ】胸郭出口症候群+上肢の絞扼神経障害

 

以下の記事では、徒手整形外科的テストの一覧をまとめているので、合わせて観覧してみてほしい。

⇒『【まとめ】徒手整形外科的テストを整理しよう

関連記事
テキストのコピーはできません。