トムセンテスト・チェアーテスト・ミドルフィンガーテスト【上腕骨外側上顆炎の検査】

整形外科 - 徒手検査法(整形外科)

この記事では上腕骨外側上顆炎(テニス肘)に関する検査として以下について解説していく。

  • トムセンテスト(Tomsen Test)+コズンテスト(Cozen's test)
  • チェア―テスト(Chair Test)
  • 中指伸展テスト(ミドルフィンガーtest)

 

外側上顆炎テストの方法・陽性所見・解釈

 

トムセンテスト・チェア―テスト・中指伸展テストの方法

 

トムセンテスト

  1. 患者に「握り拳を作った状態で、手関節を背屈させる」よう指示(肘関節は伸展位)。
  2. 検者は、①に対して掌屈方向への抵抗を加える。

トムトムセンテストの動画としては以下がある。

 

コズンテスト(Cozen's test):

トムゼンテストが「肘完全伸展位」で評価するのに対して、「肘軽度屈曲位で実施するテスト」をコズンテストと呼ぶ。

肘軽度屈曲位の方が抵抗時に加わる刺激が弱くなるので「まずはコンズテスト(肘軽度屈曲位)を施行し、疼痛が誘発されなければトムセンテスト(肘伸展位)を施行てみる」という順番で評価する。重度な上腕骨外側上顆炎では「この肢位(肘伸展・前腕最大回内・手関節最大背屈位)」を保持するだけで疼痛が誘発される場合もあり、このケースではもちろん疼痛誘発テストは不要である(更に強い刺激を加える必要はない)。最初から強い疼痛誘発テストをすると、症状を増悪させてしまう可能性があるため注意する(特に慢性症状となっている場合は神経系感作も生じていることがある)

 

 

チェア―テスト

患者は「前腕回内位、肘関節・手関節伸展位」で椅子を持ち上げる。

 

 

ミドルフィンガーテスト

  1. 患者は、肘関節・手関節・手指関節・手指を全て伸展位にする。
  2. 検者は、患者の(伸展された)中指を屈曲方向へ押さえ、患者にはこの抵抗に抗して中指を伸展位のまま保持してもらう。

ミドルフィンガーテストの動画は以下になる。

 

 

外側上顆炎テストの陽性所見・解釈

 

陽性所見

上腕骨外側上顆に疼痛誘発 or 増悪。

 

解釈

疼痛誘発で上腕骨外側上顆炎な可能性を示唆。

 

 

関連記事

 

以下は、外側上顆炎(テニス肘)についても解説している記事となる。

この記事と合わせて観覧すると理解が深まると思う。

⇒『【疾患まとめ】肘関節の疾患

 

以下の記事では、徒手整形外科的テストの一覧をまとめているので、合わせて観覧してみてほしい。

⇒『【まとめ】徒手整形外科的テストを整理しよう

関連記事
テキストのコピーはできません。