利用者さんから餞別を頂きました

学生生活 - 入学前(病院で働く) - 学生生活
利用者さんから餞別を頂きました

先日、利用者さんから餞別を頂きました。

 

何人かの利用者さんには「もうすぐ病院を去ること」を伝えてはいるのですが、この利用者さんも含めて、その理由や、今後の展開(あん摩マッサージの学校に入学すること)は話していません。

 

当然のことながら、以下など色々な質問が飛び交います。

  • 結婚するの?
  • 実家に戻るの?
  • どこへ就職するの?
  • もう就職先は決まっているの?

 

結婚もしないし、実家にも戻らないし、就職もしないので、どれも「笑いながらは、ぐらかす」ってやり取りをしているのですが(笑)

 

そんな中で、今回餞別を頂いた方は、上記の様な詮索はせず、以下の様に言ってくれた方でした。

 

寂しくなるわね。でも夢に向かって頑張りなさい

 

もちろん、学校に行くと予測したうえで発せられた言葉ではないと思います。

 

どの様な道に進む相手に対しても使える言葉であり、尚且つ励みになるお言葉でした。

 

その次に会う時に、コッソリと餞別を頂き巻いた。

 

その際に言われたことも、やはり『夢に向かって頑張りなさい』でした。

 

 

長い間、お世話になりました。

 

餞別を頂いたことも、この様に励まして頂いたことも忘れません。

 

この方も含めて、多くの利用者さんに、多くの事を学ばせてもらいました。

 

この経験は、これからの人生でも絶対に役に立つと思います。

 

決してこれらの出会いを無駄にせず、活かしていきたいと思います。

関連記事
テキストのコピーはできません。