退職まで残り1日 | 多くの別れを経験しました

学生生活 - 入学前(病院で働く) - 学生生活
退職まで残り1日 | 多くの別れを経験しました

退職が、いよいよ明日に迫りました。

 

多くの別れを経験し、切なかった・・

 

デイケア利用者さん達との別れ

 

以前、餞別を頂いた利用者さんと会うのも今日が最後。

関連記事⇒『利用者さんに餞別を頂きました

 

私も別れが寂しかったし、利用者さんも別れを惜しんでくださってました。

で、最後は握手をしてお別れしました。

 

その他にも、多くの利用者さんが「今日でお別れ」でした。

 

皆さん「寂しい」と言ってくれましたが、最終的には「人生を後悔しないためにも、頑張るんだよ」と温かく見送ってくださいました。

 

 

実りある人生を

 

デイルームでパソコン業務をしていると職員さん同士で以下の様なやり取りをしてくれました。

 

Aさん
Aさん
(半分冗談で)私は○○先生を今でも引き留めようと思っているからね (笑)

 

Bさん
Bさん
いやいや、当の本人の意志が固いんだから、そんなこと言ったって無理でしょ。

 

(私、パソコンうちながら、黙って苦笑い)

 

Aさん
Aさん
そうなのよ。さっき(利用者さんの)○○さんに「寂しくなるね」って話をしてたら、○○さんが「ただ、後悔しないためにも、自分がやりたいと思うことは引き止めずにやらせてあげるべき」って言ってて。なるほどな~って思っちゃった。

 

利用者さんは達観されているようです。

 

あとは、会話をする中で、こんな事を言って下さる利用者さんもいました(90代後半で、まだ認知症も無く、屋内であれば伝い歩きの出来る元気な利用者さんです)。

 

私は、後悔していることが多々ある。振り返ってみれば、あの時こうしておけば良かった、ああしておけば良かったと。その時は漫然と過ごしていても、振り返った時に後悔するってことは割と多い。今だけを考えず、あなたみたいに将来振り返って悔いがないと言い切れるように行動することも大切よ。

 

・・胸に刺さる言葉でした・・・。

 

 

デイケアスタッフとの別れ

 

デイケアスタッフさんは、非常勤で毎日出勤しない人もいるため「今日で会うのが最後」な人が何人もいました。

 

で、帰り際、一人一人とあいさつを交わしました。

 

私が入職する前から勤務しているベテランさんから、最近入職した新人さんまで。。

 

ベテランスタッフさんとの別れ

 

ベテランさんには、リハビリの補助を快く引き受けて下さり、テキパキとした行動に、私は本当に救われました。

 

嫌な顔一つせず、笑顔で協力してくれた皆さんに感謝です。

 

 

新人スタッフさんとの別れ

 

新人スタッフさんは、純粋で真面目で初々しくて、利用者さんの何気ない話にも親身になって傾聴をしていて、非常に好感のモテる方でした。

 

最後に「私が言うのも何なんですが、これからも頑張ってください!」っと声をかけてくれました。

 

「これからも頑張ってください」は私が言おうとしたセリフだったのですが、本当に立場が逆転したような会話のやり取りでした。

 

彼女と利用者さんと話を、パソコン業務をしながら、あるいは遠目で観察していると、昔の自分を思い起こさせるような、何とも言語化できない癒しを感じていました。

 

 

「かなり意見が対立して揉めたことのある職員さん」とも挨拶を

 

デイケアの利益について管轄する職員さんとは、私が入職直後からもめました。

 

当時の私は、正義感が強く、利益など二の次三の次、訪問リハビリも兼務していたため、面倒臭い手続きをしなくては取得できない報酬など興味がありませんでした。

 

彼女には「○○君は、午後になると訪問にばかり出かけてしまい、デイケアの事など何も考えていない」っと事務長に直談判されたことを、後で事務長越しに聞かされたこともありました。

 

※だって、訪問リハビリも増やせって言われているし、仕方ないじゃん・・・

 

※こんな風に、デイケアを(可能な限り不平が出ないように)運用しつつ、訪問リハビリの収益も保ち続けるという、バランス感覚が必要な仕事を担当していました。

 

そんなこんなで100%デイケアの意向に沿うことが出来なかったため、そこから対立が生まれることもありましたが、この方も非常に優秀な方であることには変わりなく、色々な面(特にパソコン関連)で心強い味方になり、時には訪問リハビリで必要なハード面の調整も快く引き受けてくれました。

 

※最後の数年間は「デイケア重視」に病院の考えがシフトし、訪問リハビリをガンガンしなくて良くなったので、私がデイケアで過ごす時間も増え(なのでデイケアの意向に沿うことが可能となったため)、文句を言われることも無くなりましたが(笑)。

 

最後の別れ際、以下の様に行ってもらえました。

 

鬱陶しいと思われる発言も色々してきたと思うけど、全てはデイケアのためだから理解してほしい。寂しくはなるけど(半分冗談で)成長して、また帰ってきて色々教えてね♪

 

「あなたの様な優秀な方に、教えること等ありません」と答えると、

 

「そんなことない。とりあえず、最後なんだから、ブログの名前教えてよ」と(笑)。

 

別ブログでは1日1~3万アクセスが集まっているのを伝えると、(パソコン関連に強い方なので)非常に興味を持ち、何度も教えてくれとせがまれましたが(病院の悪口は一切書いていない、っというかプライベートは一切排除した記事ばかりなブログですが)恥ずかしいし、この人に伝えるという事は院長夫人などにも情報が筒抜けになってしまう恐れがあるので、丁重にお断りしておきました(笑)。

 

皆さん、介護に携わるので腰痛には気を付けて!

 

この仕事、体が資本ですからね!

 

益々のご健勝をお祈りいたします。。。

関連記事
テキストのコピーはできません。